前へ
次へ

現状においては求人倍率が伸びている

日本は長年デフレが続いているとは言え、現状においては求人倍率が伸びています。
背景にあるのが慢性的な人手不足による人材確保が困難な状況を極めていることが懸念されているのです。
特に、都内のコンビニエンスストアは常時人材が不足していて、外国人の留学生や研修生の手を借りなければ労働力を確保することができずにいます。
さらに、2020年の東京オリンピックを控えて日本国内の労働環境も大きく変わろうとしているのです。
その一つには、とある自動車企業のトップの発言が記憶に新しいと言えます。
とある自動車企業のトップの発言によれば、終身雇用を今までのように維持することが現状では難しくなってきたということです。
この発言は日本社会の雇用問題に大きく直結する重要な発言であります。
つまり、終身雇用の限界を迎え、日本の雇用形態がよりフレキシブルに変わっていくことを予測するような発言であり、労働環境の変化を表しているのです。

Page Top