前へ
次へ

人材不足による外国人労働者の雇用受け入れ

政府は経済界の要請に伴い、外国人労働者雇用受け入れを拡大する製作を実施しています。
日本では慢性的な人材不足に陥っていることから、労働者の獲得が難しい状況が続いているのです。
そこで、海外から労働者を積極的に受け入れることで人手不足をなんとか補おうという取り組みを実施しています。
外国人労働者で多いのが、中国やベトナム、そしてネパールなどからの移民が多く、最近ではコンビニエンスストアのアルバイトの殆どを外国人労働者がになっているのが実情です。
外国人研修制度を悪用して外国人を最低賃金以下で雇用することに対する社会的な緋杏もあり、待遇面では日本人と差別化しないようにとの政府からの通達もありました。
日本の労働者不足の問題は、人口減少と高齢化社会と密接に関わっており、そうした問題を解決する打開策として移民の大規模な受け入れを政府は決定したのです。
ただ、この制作が根本的な問題の解決につながるかは未知数なのです。

Page Top