前へ
次へ

日本の労働不足を外国人労働者が埋める

日本の人手不足というのは深刻な問題となっていて、特に建設業や介護などで深刻な問題となりつつあります。
人手が不足することで働いている人への負担となり、また、しわ寄せとなってのしかかってきているため、労働環境が悪化してしまうことが懸念されているのです。
そこで、労働不足を埋めるために政府が打ち出したのが、外国人労働者を広く迎え入れることにあります。
実際に、コンビニエンスストアなどの求人への応募の大半が外国人が占めていて、いまや感化することができない重要な労働者となりつつあるのです。
都内でコンビニを利用すれば多くの外国人のアルバイトや従業員を見かけるようになり、外国人労働者は日本社会を支える重要な労働者となっています。
外国人の雇用を大量に創設した背景には、日本の深刻な人手不足があり、それを穴埋めするために外国人の就労ビザの緩和を図ったり、新たな就労ビザを創設したりと政府も雇用の促進に力を入れています。

Page Top